初期段階のニキビである白ニキビと黒ニキビ

ニキビのケアをするのならば、ニキビの種類について知る必要があるのではないでしょうか?

 

自分のニキビを確認しても、それぞれタイプの違うニキビであることが確認できるかもしれません。

 

ニキビのタイプを知る上で、まず把握しておきたいのが白ニキビと黒ニキビで、どちらも比較的症状の初期段階として発生するニキビとなっております。

 

白ニキビは、何らかの要因によって毛穴が詰まることから発生するようになっていて、毛穴が詰まると、皮脂腺から溢れ出てくる、皮脂の行き場がなくなってしまいます。

 

こうすることで白ニキビが発生してしまうのですが、実はこちらの白ニキビというのは、ニキビという名前はついていても目視するのは難しくなっております。

 

肌の色の変化にもそれほど大きなものは見かけられなく、表面もやや膨れ上がっている程度なので、見てわかるというよりかは触ると、少し違和感がある程度なのです。

 

この状態は、皮脂が毛穴に溜まりつつある本当の初期段階であるといえて、この状態を放っておくと、やがて毛穴の許容量をこえた皮脂が溜まってしまい、毛穴から皮脂が流出するようになってきます。

 

そして、皮脂というのは空気に触れると酸化する特性を持っていて、酸化した皮脂が黒く変色してしまうのです。

 

その黒く変色した皮脂が目立つようになってきた状態こそが黒ニキビといえて、ニキビの第二段階といえるでしょう。

 

ニキビのケアをするのならば、この白ニキビと黒ニキビの二段階めまでのニキビについて詳しくなっておきたいところで、なぜならば素人が行うスキンケアで治せるか、難しいかの境目がこの黒ニキビとなっているのです。

 

黒ニキビまでは入念なスキンケアや生活習慣の改善で十分に治せる可能性のあるタイプのニキビで、これ以上進むと赤ニキビや黄色ニキビというかなり悪化した状態になってしまうため、自分のニキビが今どのような段階にあるのかを見極めて、自分で治すのか、医者に相談するのかを判断するとよいでしょう。

 

ニキビのスキンケアではニキビ跡の問題も気になりますが、黒ニキビまでは悪化させさせなければ、ニキビ跡を残さない状態での改善が現実的です。

 

ニキビ対策で大きな失敗をするかしないかの境目が白ニキビや黒ニキビの状態といえますので、もしかすると判断を間違えることによって、一生付き合っていかなければならないニキビ跡のクレーターなどを発生させてしまうかもしれません。とても大切な段階なのです。