皮脂の量は肌質で変わる!

ニキビの原因が皮脂にあるのならば、根本的な原因を改善するため、皮脂のコントロールを行いたいと思うものではないでしょうか?

 

こちらの皮脂のコントロールは口で言うほど簡単なものではなく、皮脂の分泌量というのは非常に複雑な理由が絡み合っているのです。

 

ひとつの理由を解決したからといって、他が残ってれば、改善する傾向がない場合も多いですし、とにかく地道なケアになってくるのが皮脂のコントロールです。

 

まず、皮脂の量がなぜ増えるのか知りたいのならば、自分の肌質については見逃すことができません。

 

人はそれぞれ肌質というものがあって、大まかに4タイプくらいの分かれております。

 

普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌の4種類になっていて、脂性肌と混合肌は皮脂の過剰分泌が発生しやすいタイプです。

 

これは遺伝的なものが原因の可能性もありますが、生活習慣によって後天的に肌タイプが変化してしまうこともあります。

 

皮脂の分泌量をコントロールしているのが、私たちの体の中に存在しているホルモンで、アンドロゲンやテストステロンといったホルモンが皮脂コントロールに関係しております。

 

そして、ホルモンバランスが崩れてこれらの男性ホルモンの分泌が多くなってしまうと、皮脂の過剰分泌が始まってしまうのです。

 

そして、ホルモンバランスの乱れについてですが、現代人の多くはこの状況に陥っているといえるでしょう。

 

これは深刻な事態でもあって、その大きな要因となっているのがストレスです。

 

加えて、眠らない国となった日本に生きる人達の睡眠習慣の乱れ、本来の体質に合わない食生活の欧米化などなどたくさんのホルモンバランスが乱れる条件を満たしてしまっているのが、現代に生きる人々なのです。

 

また、スキンケアの誤りによっても皮脂の過剰分泌をしてしまう可能性があって、乾燥を招くようなスキンケアをしてしまうと、乾燥を危険信号と受け取った体が皮脂を余計に分泌してしまうことなどもあります。

 

これらに季節的なものが関係してくることもあって、夏の季節は皮脂の分泌が盛んになることが多く、エアコンの完備された部屋が乾燥肌を巻き起こし、それがきっかけとなって皮脂の過剰分泌が始まるなどの可能性もあります。

 

このように皮脂が増えると一言でいっても、それに関係してくる原因には様々なものがあって、皮脂コントロールをしっかりと行うためには、これらひとつひとつの原因と真剣に向き合って、根気よく対策する必要があります。