アクネ菌が原因?

ニキビは菌の増殖によって発生するものですが、その原因になってくるのがアクネ菌と呼ばれるものになっております。

 

こちらのアクネ菌は、何らかの原因によって発生するというものではなく、人の皮膚に元々存在している常在菌と呼ばれるタイプのものになっております。

 

それが、何かのきっかけで増殖したものがニキビの原因となることがあるのです。

 

また、覚えておきたいのが、人の皮膚にはアクネ菌の他にも常在菌と呼ばれるタイプの菌が多数存在していて、それらの菌が尊重しあって存在しているのが通常の人間の皮膚です。

 

つまりは菌のバランスが取れている状態ともいえて、このバランスが崩れることが、ニキビの原因にもなることがあります。

 

ニキビが発生する状態は、このアクネ菌が通常よりも増殖してしまっている状態のことを指しており、アクネ菌が増える原因について把握することができれば、ニキビ対策のスキンケアに役立ってくれるでしょう。

 

アクネ菌は、皮脂が大好物でもあって、皮脂の量が増えてくると、自然にアクネ菌の量も増えてくるのです。

 

菌のエサが豊富にある皮膚はそれだけでニキビになりやすいので皮脂の過剰分泌には十分に注意する必要があります。

 

また、アクネ菌が増えるということは、その他の常在菌が弱くなっている可能性もある、これについても考えておかなければなりません。

 

このような状態の場合はアクネ菌を殺菌したとしても、結局菌のバランスが取れていない状態になりますので、また時間が経つと同じような状況を発生してしまうのです。

 

アクネ菌とその他の菌とのバランスを考える場合は、表皮ぶどう球菌という菌について考える必要があって、この菌が健在ならばアクネ菌の増殖をコントロールすることができるのです。

 

しかし、皮膚の状態が通常でない場合は、表皮ぶどう球菌が弱ってしまう可能性があって、例えばそれを引き起こす原因には肌の乾燥があります。

 

肌の乾燥が多くなる季節は肌の常在菌のバランスも崩れやすいといえますので、その分だけそうならないためのスキンケアも重要になってくるのです。

 

また、アクネ菌の殺菌を考える場合に、同じく考えなければならないのが、アクネ菌の殺菌がその他の菌も殺菌してしまうというものです。

 

これによってアクネ菌の活動を助長してしまうこともありますので、重要なのは菌を殺すことではなく、通常の肌と同じような常在菌のバランスを整えてあげることだといえるでしょう。