睡眠不足を改善することでニキビも改善

・睡眠不足
ニキビの発症及び悪化要因には睡眠不足・食事・便秘・運動不足・不潔・化粧・毛髪による刺激・洗顔・ストレスが大きく関係しております。

 

大人ニキビ 睡眠

睡眠不足により成長ホルモンが正しく分泌されなくなり肌細胞の再生(肌の新陳代謝)いわゆるターンオーバーの間隔が長くなるのです。

 

ターンオーバーの間隔が長くなることで古い角質が長く肌に残り、厚くなり、その周辺の毛穴の詰まりをおこすことでニキビが発生します。

 

ターンオーバーが正しく行われるためには時間帯22時から2時の睡眠が大事になってくるのです。その時間帯の中で入眠直後から3時間が成長ホルモンが最大量、分泌される時間となっております。最大効果の睡眠を取るには23時までに入眠することが大事になります。

 

睡眠不足が続くことで自律神経のバランスが崩れてしまうことで男性ホルモンが活性化してしまうのです。男性ホルモンが活性化することで皮脂分泌が増加し、ニキビの発生や発症しているニキビへ悪影響を及ぼすのです。

 

また、睡眠不足が続くことで肌の抗菌作用が低下します。肌のバリア機能が低下することで発症しているニキビの炎症を悪化させ要因となることがあります。

食生活改善でニキビも改善

大人ニキビ 食べ物

外食やコンビニ弁当などを中心とした偏食が多い方は規則正しい食生活を取り入れるだけで大きく改善がみられる場合もあります。

 

ニキビに良い食べ物はお肌のターンオーバーを促進する鶏レバーやうなぎ、にんじん、ホウレンソウなどのビタミンA

 

豚レバー、牛レバー、藻類などのビタミンB2

 

にんにく、まぐろ、牛レバーなどのビタミンB6

 

パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、ケール、パセリ、ピーマンなどのビタミンC

 

モロヘイヤ、ウナギのかば焼き、かつおなどのビタミンE

 

大人ニキビ 食べ物

焼きのり、わかめ、納豆、加工乳などのミネラル、豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、すっぽん、フカヒレ、なまこ、カレイ、エビなどのコラーゲン

 

海藻類、きのこ、アボカド、ごぼう、おから、豆類、干し柿などの食物繊維

 

をバランスよく摂取することが好ましいです。

 

ニキビに避けた方が良い食べ物にはカフェインが含まれるもの、香辛料等の刺激物、動物性脂肪や糖質の過剰摂取となっております。

便秘改善でニキビも改善

大人ニキビ 便秘

便秘は女性に多いですが最近では男性の便秘も増えてきているそうです。便秘が続くと肌がガサガサになったり、ツヤがなくなり、肌荒れ、吹き出物、ニキビ、くすみなどの症状が現れます。

 

大人ニキビの方は慢性的な便秘に悩んでいる方が多いようです。

 

便秘が改善すると大人ニキビも改善する方も多いようです。

 

なぜ、便秘が大人ニキビの原因になるのか?

 

便秘は腸内に便が長時間滞在している症状のことです。便が腸内に長時間滞在することで悪玉菌のエサとなり、悪玉菌が増殖するのです。

 

悪玉菌が増えることで発がん物質やアンモニア、ガスが発生します。これらの有害なものが血液をめぐり吹き出物やニキビなどの肌トラブルなどを起こすのです。

 

大人ニキビ 便秘

また、発がん物質やアンモニア、ガスなどの有害物質、いわゆる毒素が血液中に入り込み、全身に送られることで血液の循環が悪くなり、肩こり、疲労、食欲低下、肌トラブル、イライラなどの自律神経までを狂わしてしまうのです。

 

便秘を改善するためには腸内環境を良好なものにする必要があります。

 

腸内環境を良好なものにするためには悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが必要になってきます。

 

善玉菌を増やすためには善玉菌のエサとなる食物繊維を摂取することが必要になります。

 

大人ニキビ 水分

十分な水分摂取も大事になってきます。

 

摂取した水分の80%は小腸で吸収されてしまうため、水分の摂取量が少ないと身体の水分を一定に保とうと大腸で便の水分を体外に排出しないような吸収されてしまい便が固くなり、排便しにくくなります。

 

また、善玉菌のエサである食物繊維は消化されることなく排便されます。

 

十分に水分を摂取することで食物繊維が水分を吸収し、腸との接触面積が増えることで刺激を与え、蠕動運動が活性化することで排便がスムーズに行われ便秘が解消されやすくなります。