ニキビと言ってもいくつかの種類があります。

大人ニキビ

ニキビを大きく分類すると非炎症性ニキビと炎症性ニキビに分類されます。

 

非炎症性ニキビとは皮脂が毛穴に詰まっているが炎症を起こしていない状態のニキビです。

 

炎症性ニキビとは皮脂が毛穴に詰まっており、炎症を起こし赤くなっている状態のニキビです。

 

そして非炎症ニキビには白ニキビ(閉鎖面皰)、黒ニキビ(解放面皰)、炎症ニキビには赤ニキビ(丘疹)、黄色ニキビ(膿疱)があります。

 

ニキビは白ニキビ(閉鎖面皰)が初期の状態であり、毛穴の角質や皮脂が酸化し黒ずんだ状態の黒ニキビ(解放面皰)、悪化し炎症を起こし、赤くなった状態が赤ニキビ、その赤ニキビ(丘疹)が膿を持ち黄色くなったのが黄色ニキビ(膿疱)です。

 

赤ニキビ(丘疹)や黄色ニキビ(膿疱)になるとニキビ跡が残る可能性が高くなってきます。

 

大人ニキビ スキンケア

ニキビは予防ができるので規則正しい生活に栄養バランスの摂れた食生活を行うことが大事です。

 

また、ニキビが出たとしても白ニキビ(閉鎖面皰)の時点で適切なケアすることで多くは赤ニキビ(丘疹)、黄色ニキビ(膿疱)と進行することなく改善することができます。

 

もちろん白ニキビ(閉鎖面皰)の段階でケアすることでニキビ跡も残すことなく改善することが大きく期待できます。